作成者別アーカイブ: abex

SMBCモビットログイン

SMBCモビットログインはネット申し込みから

SMBCモビットと言えばネットからの申し込みで契約完了できるWEB完結が人気です。また、書類の提出により在籍確認ができるため、ばれにくいキャッシングとして評判が良いです。

在籍確認に必要な書類としては、勤務先での直近の給与明細や健康保険証、社員証などとなります。ネットから申し込み完了すると、ログイン可能となりお金を借りることができるようになります。

SMBCモビットの審査に通らないとログインできない・・・

ローンを考えている方で最も多い悩みが「審査に通らない事」です。会社によっても審査基準は違うので理由はそれぞれありますが、実は審査に通らない理由はだいたい決まっています。

・他社からの借り入れ、借入金額が多い人。
銀行系のカードローン以外は、2010年に年収の三分の一以上の借り入れができなくなる「総量規制」ができました。また、複数のカードローンを利用している場合など、上限に達していなくとも「この人にこれ以上の融資は危険」と判断されて審査に通らないことがあります。

実際に借入していなくても、カードを複数所持しているだけでも、それらの限度額を借りる可能性のある人と判断され審査に不利になる事もあります。おまとめローンなども上記と同じ理由で通らない事があるため、返済が厳しい場合は債務整理を考えた方がよいと思います。

・ブラックリストに情報が載っている人。
過去に、3か月以上に支払滞納や、自己破産、債務整理などをしたことがある人は、情報がブラックリストに載っています。この場合、審査はまず通りません。このリストから名前が消えるまでには5~8年程度かかると言われています。又は、このブラックリストに家族がいるとこれもまた、審査に通らないことがあると言われています。

・いくつものローン会社に短期間に申し込みをしている人。
滞納の記録だけでなく、カードローンに申し込んだ履歴も残るため短期間にいくつものローンに申し込みをすると、「リスクが高い人、始めから踏み倒す前提で複数社から借り入れしようとしている人」とみなされてしまう事があります。
慌てず、一般的には3社申し込んだら、その後半年間はカードローンの審査が通らないと言われていますので、慎重に行動しましょう。

・信頼性がない人。
例えば、自宅の固定電話がない、免許もない、地図で住所が確認できない。会社の在籍確認がとれないなど、わざとでなくとも申し込みの情報に信憑性がない場合も落とされます。
事前に間違いのないように、虚偽の情報と思われないように記入しましょう。

SMBCモビットのお知らせ

SMBCモビットのお知らせ

私はスマホを使って、SMBCモビットのキャッシングを利用しています。SMBCモビットでは融資の申し込みからキャッシングまでスマホから行うことができます。

融資の申し込みでは、WEB上の手続きだけで契約まで完了してしまいます。途中で電話連絡などは全くありませんでした。融資審査通過の知らせもメールで来ました。

SMBCモビットはスマホだけで借りれる

また、運転免許証の画像なども郵送する必要はなく、スマホで画像を送るだけでよいのでとても簡単でした。私にとってキャッシングの融資申し込みとは、無人契約機までわざわざ出向いて行うものというイメージがあったので、SMBCモビットの手軽さには最初はとても驚きました。

融資審査の申し込みから契約完了まで四時間くらいしかかかりませんでした。キャッシングの利用もSMBCモビットではスマホでできます。私は三井住友銀行の普通預金口座を持っているので、借りたお金はその口座に振り込んでもらっています。事前に口座を登録しておくとさらに手続きは簡単になります。

振込手数料がお得

また、SMBCモビットでは振込手数料がかからないので、一度に大きな額のお金を借りる必要はなく、必要なときに必要な額ずつ借りることができます。手数料を気にして借りすぎになってしまうという心配がないので使いやすいキャッシングです。

また、銀行口座へ振り込んでもらえるので、借りたお金を引き出すときには銀行ATMを利用できます。キャッシング会社のATMを利用する必要がないので、周囲の人目を気にせずお金を借りることができるのもうれしいです。

キャッシングとカードローンとフリーローンの違い

キャッシングやカードローンというものは、多目的ローンに分類されるローン商品です。つまり、原則として借りたお金の使い道は限定されません。その点は、マイカーローンや住宅ローンなどの多目的ローンとは根本的に違います。私も、一般常識として、そのくらいは弁えていました。
ところが昨年、銀行のカードローンを利用しようと思った際、或る銀行のカードローンをネットで調べていると、偶然、フリーローンという商品を目にしました。そのローンはその名が示すとおり、多目的ローンに違いないことはすぐに分かりました。しかし、カードローンとの違いが分かりませんでした。「銀行フリーローンって、結局、銀行カードローンと同じなんだろうな」などと軽く思い込んだのでした。
ただ、気になったので念のため調べてみました。するとフリーローンとカードローンには違いがあることが判明しました。確かにどちらも多目的ローンなのですが、お馴染みのカードローンは、利用枠がある限り何度でも借り入れが可能です。
それに対してフリーローンは、一度借りたら完済するまでは追加での借り入れはできないのです。まさか両者にこんな違いがあるなんて、その時まで全く分かりませんでした。偶然とは言え、良い勉強になりました。
SMBCモビット公式サイトはこちら
モビット

SMBCモビットの必要書類

必要になる書類の準備

SMBCモビットの申し込みには、いくつかの書類が必須です。
絶対に必要になるのは、運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写しです。
これらの書類一式をそろえておくと審査が非常にスムーズに進みます。即日融資を利用したいときなどは、事前に書類を必ず準備しておきましょう。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

返済計画を立てる

次にキャッシングの利用計画を立てます。安心してお金を借りるには、きちんと返済していける範囲でお金を借りるということが大切です。
幸いにも大手のキャッシングであれば、公式サイトに返済計画を立てるためのシミュレーターが用意されています。これを使って無理のない返済計画を立てましょう。

審査に通るかどうかをチェック

たとえ必要な書類をそろえ返済計画を立てても、審査に通らなければ融資を受けることはできません。
融資に通るかどうかを申し込み前に知るには、これまた公式サイトに設置されている審査シミュレーターを使います。
このシミュレーターは仮審査の基準を使った審査の簡易判定ができるというツールです。現在の収入や他社の残高を入力するだけで匿名のまま審査に合格するかどうかを判定することができます。
この判定で不合格となる人は、他社の借り入れを先に返済するなどの対策が必要になるでしょう。

SMBCモビット審査のポイント

安定した収入があること

キャッシングの審査に通過するためには、必ず安定した収入が必要になります。正社員や公務員、契約社員、派遣社員は当然安定した収入があるとみなされますが、アルバイトであっても同じ職場に長期間勤めていれば安定した収入があると認めてもらえます。この収入という条件は融資を受けるためには絶対に必要になります。

4社以上からの借り入れがないこと

現在すでに4社以上からお金を借りていると、新規のキャッシング審査に通ることは難しくなります。お金を貸す側が一番警戒するのは多重債務者であり、その可能性がある人には融資をしてくれません。これは借りているお金が少額でも同じです。返せる分は早めにできるだけ返済して、借入先を減らしておきましょう。

借入残高が年収の3分の1以下であること

消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りる場合、総量規制によって融資の総額は年収の3分の1までとなります。この規制がかからない銀行キャッシングでも、融資可能な実質のラインはこのあたりの金額です。すでにそれだけの額を借りていると新規融資は不可能なので、まずは返済をするなどして枠をあける必要があります。

以前に債務整理や長期の延滞をしていないこと

過去に債務整理をしていたり、長期延滞などで強制解約になっている人もキャッシングの審査には通りません。信用情報にこれらの記録が残っているので、審査の際に過去の事故情報が明らかになるとそこで審査は見送りになります。このような事故情報は取引終了後、5年から10年で消えます。信用情報に傷がある人はそれが消えるまで待つことになります。

SMBCモビットのweb完結で家賃支払

家賃の支払いに困ったときにSMBCモビットを利用したことがあります。
そのときは友人の結婚式や飲み会が立て続けにあってお金に余裕がありませんでした。
生活費をぎりぎりまで切り詰めても家賃を払う余裕がなかったので消費者金融からお金を借りることにしました。
自動契約機を利用して申し込みをする方法もあったのですが、知り合いに入るところを見られたりするのが嫌だったので自宅のパソコンを使ってweb完結から申し込みをしました。

SMBCモビットのweb完結のホームページから手続きをしたのですが申し込みフォームに名前、住所、勤務先の情報を入力すればいいだけだったので思ったよりも短時間で終了しました。
本人確認書類や収入証明書の提出はメールに添付して送信すればいいので、コピーをとってわざわざ郵送する手間はかかりません。
申し込みが深夜だったのですが翌日には折り返しの電話がかかってきて審査には無事合格することができました。
ネットからの申し込みだったので借り入れは振り込みを利用しました。
振り込みならカードが自宅に届くまで待つ必要もないのですぐにお金を引き出すことができます。
翌日の午後に通帳を確認するとちゃんとお金が振り込まれていました。
おかげで家賃もちゃんと払うことができて助かりました。

SMBCモビットの審査は早い

SMBCモビットの審査は、数ある金融機関の中でも審査が早いことで知られています。
私も以前、モビットの審査に通ったという体験をしました。
ところで、そんなキャッシングですが、最初に申し込む際、利用枠を幾ら希望するのかを問われます。
それは当然、利用者によって様々です。或る人は10万円を希望するでしょうし、別な人は30万円、更に別な人は50万円を希望するといった具合です。

しかし重要なことは、希望する利用枠が認められるとは限らないということです。
たとえ50万円の枠を希望して申し込んでも、審査の結果、30万円しか認められないことはザラにあります。それは私も経験済みです。
ですから、これからキャッシングを申し込む人も、その覚悟はしておいたほうが良いでしょう。しかも審査が早いキャッシングと言えども、最悪の場合は、利用枠は0円しか認められなかったということもあり得ます。
それはつまり、審査落ちということです。

とにかく、キャッシングやカードローンは、審査に通るか通らないかは一番大きな問題ですが、希望する利用枠が認められるか認められないかも二番目に大きな問題だと考えるべきです。
なぜなら、希望利用枠が認められなければ、たとえ審査に通ったとしても金欠問題を完全に解決することはできないかもしれないからです。

SMBCモビットの審査時間

お給料日前に思わぬ出費があり、現金が必要になりました。
頼る身内もいなかったので、資金繰りをするために仕方がなくキャッシングを利用することにしました。
初めて利用するにあたり、たくさんある消費者金融の中から、どこの会社を選んだらいいのかとても悩みましたが、審査が早くて、
借入れができたという口コミの多さからSMBCモビットを利用することにしました。
コマーシャルでも放送されており、信頼性があったというのも大きな理由のひとつです。

SMBCモビットは店舗を構えていないので、インターネットより申し込みをしました。
SMBCモビットのカードローンの審査の早さには驚きました。
即日融資が可能だったため、申し込みをしたその日のうちに現金を手にすることができたので、大変助かりました。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

また、他の金融機関に比べて金利が低いところも魅力的でした。
利用できるATMも多く、年会費がかからないので、大変使いやすかったです。

キャッシングに頼りっぱなしはいけませんが、きっちりとした返済計画を立てて借入れすれば、心強い味方となってくれること間違いなしです。
私は、今後もお金に困ることがあればモビットを利用したいと思っています。

大学進学の奨学金の返済に利用したキャッシング

奨学金を受けて大学に進学をしました。
奨学金を借りたのは、もちろん学費を払うのに家系として不安があったからです。
もともと高校以上の進路は自分で決めるようにとの家族での取り決めがあったので、大学進学に伴う学費の負担はある程度自分でするつもりでした。
奨学金に関しては、卒業後教師をはじめとした教育関連の仕事に採用されれば免除されるとのことでした。
そのことを当て込んでいた部分はあります。
しかし進学すると、しだいにやりたいことも変わってくるもので、教育からは程遠い進路を選択しました。
その結果、卒業後に奨学金の返済が待っていました。
新卒の社会人の収入など大したことがないので、奨学金の返済の厳しい月も時々出てきました。
決して滞納するつもりはなかったので、キャッシングを利用して、奨学金の返済をしたことがあります。
すでに社会人となっていて、少ないながらも安定した収入もあったので、審査はすぐに通過しました。
もちろんキャッシングの返済の方を優先しなければならなくなったわけです。
その後も奨学金の返金の残っている時期は、金回りがとても苦しく、いつなんどきキャッシングのお世話になろうかと頭の中をよぎることがたびたびありました。

お金の借入審査30分で通過したい

返済期間の意味…私って信用ないの?

まとまったお金が必要になったので口座のある地元の銀行のフリーローンを申し込みました。
少々、利息が高くても必ず返済できる金額にしようと、返済期間を最長にして毎月の返済金額の負担を軽減した見積もりで申込みをしたのですが、翌日にお断りの電話がありました。
光熱費などの自動引き落としや収入は全て長年その銀行を利用させて頂いていたので、まさかお断りを受けるとは、思ってもいませんでした。

なぜ審査に落ちたのか…

「あの金額を7年間で、というのは、ちょっとぉ・・・」と小声で呟いた行員さん。
【お借入期間〇ヶ月から〇年】とされていた説明書きに金額の説明も付け加えてもらえると助かるのに、と、思いました。
お金イコール信用だと思っている私には断られたことが結構ショックでした。私って信用ないの?
と、同時に(やっぱり銀行って冷たいんだなあ、)と思いつつ、いつか見たテレビドラマの半沢直樹のお父さんのお葬式で二人の銀行員さんが笑いながらトイレで会話しているシーンをなぜか思い浮かべていました。
銀行にとっては、リスクがありそうで得にならない、利益の見込めない貸付ができないのはわかるけれど、地元を基盤とする銀行ならではの審査で書類上の数字だけではなく今までの取引の中からでも、信用性を見出してくださいと、お願いしたかったです。