大学進学の奨学金の返済に利用したキャッシング

奨学金を受けて大学に進学をしました。
奨学金を借りたのは、もちろん学費を払うのに家系として不安があったからです。
もともと高校以上の進路は自分で決めるようにとの家族での取り決めがあったので、大学進学に伴う学費の負担はある程度自分でするつもりでした。
奨学金に関しては、卒業後教師をはじめとした教育関連の仕事に採用されれば免除されるとのことでした。
そのことを当て込んでいた部分はあります。
しかし進学すると、しだいにやりたいことも変わってくるもので、教育からは程遠い進路を選択しました。
その結果、卒業後に奨学金の返済が待っていました。
新卒の社会人の収入など大したことがないので、奨学金の返済の厳しい月も時々出てきました。
決して滞納するつもりはなかったので、キャッシングを利用して、奨学金の返済をしたことがあります。
すでに社会人となっていて、少ないながらも安定した収入もあったので、審査はすぐに通過しました。
もちろんキャッシングの返済の方を優先しなければならなくなったわけです。
その後も奨学金の返金の残っている時期は、金回りがとても苦しく、いつなんどきキャッシングのお世話になろうかと頭の中をよぎることがたびたびありました。