SMBCモビット審査のポイント

安定した収入があること

キャッシングの審査に通過するためには、必ず安定した収入が必要になります。正社員や公務員、契約社員、派遣社員は当然安定した収入があるとみなされますが、アルバイトであっても同じ職場に長期間勤めていれば安定した収入があると認めてもらえます。この収入という条件は融資を受けるためには絶対に必要になります。

4社以上からの借り入れがないこと

現在すでに4社以上からお金を借りていると、新規のキャッシング審査に通ることは難しくなります。お金を貸す側が一番警戒するのは多重債務者であり、その可能性がある人には融資をしてくれません。これは借りているお金が少額でも同じです。返せる分は早めにできるだけ返済して、借入先を減らしておきましょう。

借入残高が年収の3分の1以下であること

消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りる場合、総量規制によって融資の総額は年収の3分の1までとなります。この規制がかからない銀行キャッシングでも、融資可能な実質のラインはこのあたりの金額です。すでにそれだけの額を借りていると新規融資は不可能なので、まずは返済をするなどして枠をあける必要があります。

以前に債務整理や長期の延滞をしていないこと

過去に債務整理をしていたり、長期延滞などで強制解約になっている人もキャッシングの審査には通りません。信用情報にこれらの記録が残っているので、審査の際に過去の事故情報が明らかになるとそこで審査は見送りになります。このような事故情報は取引終了後、5年から10年で消えます。信用情報に傷がある人はそれが消えるまで待つことになります。